【アークナイツ】ウォルモンドの薄暮 報酬と周回と日記の謎解き

ウォルモンドの薄暮、楽しいですね!個人的にBGMがかっこよくて、ずっと音声ONでプレイしています。
今回は獲得できる報酬と、日記の謎解き(隠しマップの出し方)についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

貴族領の古き鋳貨の交換について

貴族領の古き鋳貨は、交換所(八つ月市場)にて限定オペレーターフォリニックの証や、育成素材に交換できます。
まず最優先すべき目標はイベント中しか入手できない「フォリニックの印」を全て交換してしまう(最終段階まで潜在強化してしまう)ことです。すべて交換するのに1,400枚の貴族領の古き鋳貨が必要なので、頑張って集めましょう。
その他も含め、交換報酬は以下の通りです。

交換所の報酬一覧(家具以外)

アイテム名交換上限数1つ交換するのに必要な
貴族領の古き鋳貨の枚数
フォリニックの印1200
フォリニックの印1240
フォリニックの印1280
フォリニックの印1320
フォリニックの印1360
初級作戦記録1201
中級作戦記録503
上級作戦記録255
龍門幣 5,0001007
アーツ学Ⅱ502
アーツ学Ⅲ254
初級先鋒SoC46
初級糖原253
初級異鉄254
初級アケトン254
中級装置1015
中級エステル1510
上級マンガン1040
上級糖原1040
融合ゲル1035
融合剤5100
スカウト券3150
龍門幣 201 ※必要なものを全て交換し終えた後の端数処理用

交換所の報酬一覧(家具)

アイテム名交換上限数1つ交換するのに必要な
貴族領の古き鋳貨の枚数
本の山1100
リターニアの夜景1100
リターニアのフロア1100
重厚な本棚付き机1150
4灯シャンデリア250
家具パーツ 102002

フォリニックの印を交換し終えた後は、スカウト券やドロップしづらい素材などを優先的に交換しましょう。
また、限定家具が欲しい場合は、先に確保しておくのをおすすめします。

周回で鋳貨を入手する(理性の消費について)

交換所のアイテムを全て交換するためには貴族領の古き鋳貨が6,344枚必要です
貴族領の古き鋳貨は各ステージの初回クリア報酬や任務達成でも入手できますが、すべてクリア・達成した場合でも2,300枚しかありません。
今回のイベント開催期間は14日間なので、イベント期間中に自然回復する理性は240×14日間=3,360です。すべてのステージをクリアし任務を達成しても、貴族領の古き鋳貨は4,044枚不足するため、自然回復だけでは交換所のすべてのアイテムを交換できない可能性が高いです。
交換所のアイテムは全て交換したいけれど、レベルアップや理性回復剤で回復できないという場合は、石を割って理性を回復することも視野に入れましょう。

なお、ステージクリアでドロップする貴族領の古き鋳貨の数は決まっており、最高評価クリアで消費理性と同じ数の鋳貨が手に入ります
ですので、どのイベントステージを周回しても、鋳貨のドロップ効率は変わりません。欲しい素材のドロップが狙えるステージを周回していきましょう!(自分の欲しい素材を集めながら周回できるのは嬉しいです!)
おすすめは、通常ステージよりも効率が良い以下の3ステージです。

素材のドロップが通常より良いステージ

 ■TW-6 熾合金が中確率でドロップ
 ■TW-7 中級アケトンが中確率でドロップ
 ■TW-8 砥石が中確率でドロップ

日記の謎解きで隠しステージを開放する

焦げ朽ちた記録(イベント任務の画面)の左側に、古びた日記と捜査令状が表示されています。日記の周りの5つの図は、タップすると詩のような文章を見ることができ、これが隠しミッションになっています。

焦げ朽ちた記録画面
中途半端にプレイしているスクショですみません…
日記-01
日記No.隠しミッションの条件
日記-01TW-4で敵に蓄音機を奪わせずに最高評価(星3)でクリアする
日記-02TW-6で蓄音機を味方として使用せず最高評価(星3)でクリアする
日記-03マドロックの巨像を20体討伐する ※TW-7、TW-8を周回する
日記-04TW-8を6人編成で最高評価(星3)でクリアする ※召喚はカウントされない
日記-05TW-S-1の遭遇戦をクリアする

日記の01~04を全てクリアすると、大議事塔の右側にある捜査令状を開放でき、TW-S-1のステージに挑めるようになります。
そして、TW-S-1を最高評価(星3)でクリアし、解放された遭遇戦もクリアすると、やっとTW-S-2がプレイできます。
遭遇戦は用意された編成で挑むことになるため、各オペレーターのスキルや特徴を確認してから作戦開始することをおすすめします。慣れないオペレーターを指揮するのは大変ですが、まだ実装されていないオペレーターも使うことができるので、ちょっと嬉しいですね。早く実装されることを願いつつ、今はイベントを楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました