【アークナイツ】★5 プロヴァンス 詳細

射程を短くした代わりに火力に特化した単体狙撃オペレーター、★5プロヴァンスについてまとめました。

スポンサーリンク

● ステータス

★5 プロヴァンス 狙撃 女性 ループス 感染者

★5プロヴァンス
HP攻撃防御術耐性
初期716332810
未昇進レベル509955461170
昇進1レベル701,2766011560
昇進2レベル801,6807812150
信頼度による追加上昇分+90

配置コスト:初期 15 / 昇進1 17 / 昇進2 19
ブロック数:初期 1 / 昇進1 1 / 昇進2 1
攻撃速度:1.6秒
再配置までの時間:70秒
特性:高威力の中距離射撃を行う。

初期攻撃範囲 昇進1攻撃範囲 昇進2攻撃範囲

● 素質

■ハンターアロー
 昇進1:攻撃時20%の確率で、その攻撃のみ攻撃力が140%(潜在強化5で+10%)に上昇する。
また敵が正面1マスにいる時、確率が50%に上昇する。
 昇進2:攻撃時20%の確率で、その攻撃のみ攻撃力が180%(潜在強化5で+10%)に上昇する。
また敵が正面1マスにいる時、確率が50%に上昇する。

● 昇進素材

消費素材
昇進1龍門幣20,000、初級狙撃SoC×4、初級アケトン×4、初級異鉄×3
昇進2龍門幣120,000、上級狙撃SoC×3、上級糖原×9、中級装置×7

● スキル

1ウルフアイ(パッシブ)

スキルレベル初期SP必要SP持続時間スキル効果
1攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+8%する。
2攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+9%する。
3攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+10%する。
4攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+12%する。
5攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+13%する。
6攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+14%する。
7攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+16%する。
特化1攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+19%する。
特化2攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+22%する。
特化3攻撃対象のHPが20%減少する度、その対象を攻撃する時の攻撃力を+25%する。

2鮮血の匂い(自動回復・手動発動)

スキルレベル初期SP必要SP持続時間スキル効果
103020HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+130%する。
203020HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+135%する。
303020HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+140%する。
403025HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+145%する。
503025HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+150%する。
603025HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+155%する。
703030HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+160%する。
特化103031HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+180%する。
特化203032HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+200%する。
特化303035HP80%以上の敵を攻撃しなくなる。
攻撃力を+220%する。

・スキルレベル上げの素材

スキルレベルスキル1素材スキル2素材
2アーツ学Ⅰ×4(1と共通)
3アーツ学Ⅰ×4、アケトン試剤×5(1と共通)
4アーツ学Ⅱ×6、初級装置×2(1と共通)
5アーツ学Ⅱ×6、初級源岩×8(1と共通)
6アーツ学Ⅱ×6、中級装置×3(1と共通)
7アーツ学Ⅲ×6、合成コール×3、中級アケトン×3(1と共通)
特化1アーツ学Ⅲ×5、上級マンガン×3、中級装置×2アーツ学Ⅲ×5、上級砥石×3、合成コール×4
特化2アーツ学Ⅲ×6、RMA70-24×3、上級マンガン×5アーツ学Ⅲ×6、上級源岩×3、上級砥石×6
特化3アーツ学Ⅲ×10、融合剤×4、上級糖原×4アーツ学Ⅲ×10、ナノフレーク×4、上級源岩×4

● 基地スキル

スキル名解放条件施設基地スキル効果
天災トランスポーターα事務室配置時、事務連絡速度を+30%する。
天災トランスポーターβ昇進2事務室配置時、事務連絡速度を+45%する。

● まとめ

長距離射程を捨てて、中距離での高威力射撃に特化した単体狙撃オペレーターです。
★6シュヴァルツと少々似ていますが、より素質でのバフの倍率が高いのが特徴です。その一方でシュヴァルツのような防御力デバフは持たないため、敵の防御力が高すぎると少々苦手と言えるかもしれません。
ただ、基本的に「高防御の敵にも、それを超える物理火力でダメージを与える」というコンセプトのオペレーターなので、ある程度のダメージはしっかり確保できます。

また、素質で「前方正面1マス」の敵を相手にするときは、素質による攻撃力バフの発動率が上がります。元々射程距離が短めなので、重装のブロック位置と合わせ、正面1マスに敵が来るように配置してあげたいところです。

スキル1は、敵のHPが減れば減るほど火力が上がるという”必ず仕留める”ことに特化した内容です。
一方スキル2はHP80%以上の敵を攻撃しなくなるデメリット付きですが、攻撃力が大きく跳ね上がります。
どちらのスキルも敵にとどめを刺すための効果となっており、一般的な狙撃オペレーターの”味方陣営に敵が到達するまでの間にHPを削る”という運用とは違う場面で活躍する性能です。

また、多くの狙撃オペレーターが持つ「飛行ユニットを優先して攻撃する」特性が、プロヴァンスにはありません。対飛行ユニットには別のオペレーターを編成する必要があるため、注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました