【アークナイツ:日記】「闇夜に生きる」感想・考察と最近のロドス

イベント「闇夜に生きる」がスタートしてそろそろ1日経ちますね!昨日一気にイベントステージを突き進みまして、今はDM-8をぐるぐる周回しています。異鉄…異鉄…もっと異鉄をよこせ…
今回は、最近のロドスの様子をちょこっと日記にしつつ、「闇夜に生きる」ストーリーを読んでの考察を(感想含め)していきたいと思います。
この考察はイベントストーリーのネタバレを含みます。折りたたみ表示にしているので「ネタバレ問題ないよ!一個人の感想として聞いてやっても良いよ!」という方のみクリックで開いて読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

● 危機契約の訓練場に「黄鉄の峡谷」が来ている!!

危機契約訓練場「黄鉄の峡谷」

これはグレード解禁報酬をゲットせねば!!ということで、急いで4等級までクリアしました。戦友サポートも借りていったので、これで明日もFP+30ですね。良いことです。

● 「闇夜に生きるDM-8」を周回している話

「闇夜に生きる」ステージ画面DM-8
ここですね!中級異鉄!!

自然回復分の理性、週間任務でもらえた理性回復剤など、とにかく今はすべて「DM-8」の周回につぎ込んでいます。中級異鉄を1つドロップする理性期待値が約28という破格のドロップ率なので、イベント期間中に集められるだけ集めようと思います。
そして中級異鉄が落ち着いたら「DM-6」で中級糖原(1ドロップあたりの理性期待値は約22)集めですね。DM-7の合成コール(1ドロップあたりの理性期待値が約23)は先日のイベントでだいぶ集めたので、一旦後回し予定です。

DM-8はマイ〇ラのゾンビ〇ッグマンのように攻撃すると一斉に襲い掛かってくるサルカズ兵の皆さんが沢山いるので、だいぶ頭を使いました。使いました…が、結局シルバーアッシュさんの真銀斬で全てをぶった切ってもらうことになりました(理性0のドクター)
回復盾2人に医療2人で超回復しながらの真銀斬…火力ゴリ押しの極みですね。まだ特化1なのですが、もうこれ特化3すべきなんじゃないかと本気で考えている今日この頃です。ひとまずは幅広い戦力を揃えるために、特化より昇進優先するつもりではあるのですが…
あ、それと危機契約で手に入れたアーミヤの新聞配達員コーデが可愛くてあちこちに連れまわしています。戦闘中の衣装も変わるのが本当に楽しい!もっともっと沢山可愛いコーデをください!!

● エクシアが昇進2を果たした話

エクシア人事画面

いつも作戦序盤から終盤までお世話になっている、エクシアさんの昇進2が果たされました!
ということで初めてスキル3を使ったのですが……スキルを発動した途端敵がみるみる溶けていく!!想像以上にズダダダダッと敵が倒されていくので、見ていてとっても爽快です。もうスキル3を知らなかったあの頃には戻れない……どうかこれからもよろしくお願いします。
自動発動なので敵がいない時にスキル発動するともったいなく感じるのが唯一の欠点ですね…

● 在りし日の幻影ピックアップの話

結論から言おう。

★5シャマレ採用

シャマレの採用に成功しました。やったね!!!見た目もキャラクターもかわいいですし、性能的にも呪いの人形使ってみたかったので、ひとまずは大勝利です。ところでシャマレちゃん…やっぱりお腹透けてますよね…!?えっ、そんな露出…雷様におへそとられますよ!?!?(錯乱)モフモフのしっぽもかわいくて…トッテモイイトオモイマス。
ちなみにファントムさんは今のところ、来てくれる気配が全くありません…。ガチャ期間中に徳を積んで、再挑戦しようかなと思います。

● ※ネタバレ注意「闇夜に生きる」ストーリー感想・考察

ここからイベント「闇夜に生きる」ストーリーのネタバレ注意となっています。問題ないよという方は、クリックで↓の折りたたみを開いてお読みください。

「闇夜に生きる」ストーリーについて

今回のストーリーはWの過去を中心に、ロドスやレユニオンの過去にかなり突っ込まれていましたね。
イベントバナーにWが居たので、彼女についてのストーリーだろうということは察していましたが、思った以上にWの過去や感情の機微が描かれていて嬉しかったです。
プレイ前は「本当はWは心優しい普通の少女でした…」という話なのかなと思ったりもしていましたが、もう最初からWはWでした。生粋の傭兵でした。個人的にはこれが嬉しかったというか、しっくりきました。

イネスとヘドリーもすごく良いキャラでしたね。序盤のWとイネスの一触即発な空気も、殺伐とした傭兵らしくてとても好きです。紆余曲折を経て、相手が直接口にしない意図も読めるようになっていく関係性も素敵だな~と思いました。
最終的にイネスが生き延びてくれたことが本当に嬉しかったです。イネスはトランスポーターとしてWと連絡を取ってくれるようですし、ヘドリーも何かしら行動を起こしそうでしたし、いずれ本編にも出てくるのかなと思うと非常に楽しみです。

このWの表情がすごく”Wらしくて”好きです。

そして!やっぱり衝撃的なのはWのテレジアへの感情ですね。ケルシー先生に咎められることがわかっていても、テレジアの微笑みを写真に収めずにはいられないW……もう心酔や崇拝の域に達していたのかな、という印象です。序盤に「騙されやすそう」「心を見透かされた相手には敵わない」と評されていましたが、当たっていたのでしょうね。
また、テレジアの死後、レユニオンに加入したのはあくまで自分の目的のためなのだということがわかりました。…が、結局Wの真の目的は、テレシス殺害なのか、テレシスの思惑を破壊することなのか……。サルカズを解放したいという思いは口にしていましたが、それがレユニオン加入によってどう果たされるのかが気になるところです。

そしてそしてドクター!!あなた何やってたんですか!いや私ですが!!
「コマではなく棋士」「違う存在」という描かれ方をしていますし、Wはもう明らかに嫌っているようでしたし…
ただ、Wがロドス(の前身)に居た頃には、既に居た子ウサギの女の子…彼女はアーミヤですよね…?
そのアーミヤがドクターを絶対的に信頼して、必死に守ろうとしてくれるんですよね。ずっと。
ということはドクターは見方によっては良い人…?必要な存在…?にも値するはずだと思うのですが。思うのですが……あまりにもロクなことやってなさそうに見えました。今回のイベントでは。
鉱石病の第一人者ですし、必要な人なのだと言われればそうなのでしょうが。

そのアーミヤも謎が多いですよね。種族の欄にある「キメラ」という単語、そしてスキル使用後即退場となる多大なデメリット持ちの「キメラ」という高火力スキル。そしてそして、これが壊れるほど無茶をしてはダメだといわれている指輪…指輪ですよ…

テレジアがつけている指輪が、アーミヤの指輪に似ている気がするのは気のせいでしょうか…
少なくとも、全ての指に指輪を着けているのって、アーミヤとテレジアだけではないかと思います。
そもそも「キメラ」って「合成獣」という漢字をあてられることが多い単語ですし、アーミヤが何かと混ざっていることは確定なのですよね。それが生まれつきの混血なのか、後天的なものなのかはわかりませんが…。気になります。アーミヤには、全ての戦いが終わった後、平穏に幸せに生きてほしいと思っているのですが、なんだか不穏すぎて(鉱石病の進行度もかなり酷いですし)気が重いです。

また、ケルシー先生はあちこちで「油断のならない人」だという評価をされていますが、今回のイベントでもそれは変わりませんでした。Wに至ってはババア呼ばわりでしたしね。オペレーターのプロファイルによっては、ケルシー先生は悪い人じゃなさそうにも見えるのですが、腹に一物あるタイプというか、一貫して、腹の底が見えない人物として描かれているのが気になります。
そしてヘドリーが口にした「あなたのあの力には心から驚きました」というのは何だったのでしょう…純粋にケルシー先生がめちゃくちゃ強いのか、それとも何かしら特殊なアーツを持っているのか…?もう!もう少し情報を明かしてくれても良いのに!

色々と書き連ねてしまいましたが、DM-8のシナリオまで読んだ私の最終的な感想は「ファントムは!?!?!?」です。後日公開の高難易度がシナリオ付きで、そっちで出てくるのでしょうか?
ケルシー先生やアーミヤの謎は本編で出てくるのでしょうから、後日公開分では、ファントムの何か、Wの真意、イネスとヘドリーのその後…辺りは何かしら情報が出てきたら良いな~と思いっています。
そしてドクターが果たしてどういう人物なのか、何をやっていたのか…。それがわかるのはいつなのでしょうね。
レユニオンも怖いですけど、ロドス内部が不穏というのは笑えないです。…ひとまず今は周回をしますけど。不安を胸に周回をしますけど。
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

イベントがない期間は「よっしゃ落ち着いて育成できるぞー!」と思っているのですが、いざイベントが始まるとやっぱりテンションが上がります。
イベントは大晦日くらいまで期間があるので、ストーリーも報酬もがっつり楽しんでいきたいですね!
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました